ゆめたまごコラム

毎月“3万円”貯蓄額を増やす方法

 第5章 貯蓄計画を立てる


ライフプランに勝るものなし

 
ライフプランに勝る貯蓄計画はありません。
貯蓄計画を立てるにあたり、収支をチェックするだけではなく目的を明確にしましょう。目先の節約に気を取られるのではなくて、年間のお金の流れをチェッ クしていくことが大切です。
家計が厳しくなったら、ついつい目先の節約をしてしまいがちなのですが、そういったときこそ、ライフプランを考えてみてください。ライフプランに基づい て数十年先まで見据えた貯蓄計画を作るということです。ライフプランがあれば、 固定費をどう見直せばいいかも明確になります。
更に、ライフプランを立てることによって、自分自身を見つめ直すきっかけになるでしょう。生き方そのものを考えることができるようにもなります。


具体的な貯蓄計画

 
ここまで本コラムを読まれて、あなたは次に挙げる項目の中で、どの項目から手を付けようと思われましたか?
マル印をつけてみましょう。
住居費 ・ 水光熱費 ・ 保険料・ 通信費 ・ 自動車関連費 ・ 食費 ・被服費 ・ 日用品費 ・ こども費 ・その他生活費
 
次に具体的な貯蓄計画を立てます。まず「目的」と「期間」と「目標額」を決 めましょう。
(例えば、車を買うために、3年後まで、200万円貯める)
 

次に具体的な貯蓄計画を立てます。まず「目的」と「期間」と「目標額」を決 めましょう。

 
「目標額」と「期間」が決まったら逆算します。
将来の目標達成へ向け、今月から具体的に何をすればいいかが明確になります。(単純に割り算をして下さい)
 

「目標額」と「期間」が決まったら逆算します。


目標設定は「貯蓄」を成功させる要です!
 
例えば1,000 万円を10年間で貯めるという目標を設定したとします。逆算すると、1年あたり100万円貯蓄することが出来れば10年間で1,000 万円に到達します。1ヶ月あたりにすると83,333円です。約8万円を毎月貯蓄し続けることが出来れば、10年後には1,000万円貯まっています。
 
でも、1ヶ月8万円を貯蓄し続けることはちょっとしんどいですね。では、5万円ではどうでしょう。1年間で100万円貯めることが出来れば良いのですから、 毎月の貯蓄額を現実的な金額にして、年2回のボーナスでも貯蓄をするようにしましょう。夏・冬それぞれのボーナスから20万円貯蓄が出来れば、年間40万円。毎月5万円の貯蓄と併せると1年間で100万円となります。
 
毎月の貯蓄2万円でもしんどいのに、5万円なんて...と思われるかもしれませんが、ここで諦めないでほしいのです。簡単に諦めて、1,000万円という目標金額を下げるとか、10年間という目標期間を延ばしてしまうとか、始める前から無理と決め付けないようにしましょう。
 
今までみてきた「固定費」を見直したり、「流動費」を頑張ってやりくりする事が出来れば、今の貯蓄額にプラス3万円という金額も無理な金額ではありません。今すぐ家計をチェックしてください。必ず見直すべき余地がどこかにあるはずです。
さあ、あなたもライフプランに基づいた貯蓄計画をしっかり立てましょう。


おわりに

 
本コラムでは、ライフプランを基本とした「支出を減らす」というテーマから 「目的も持って貯める」というところまで、ワークも交えながらその手法をご紹 介してまいりました。
 
具体的な見直しポイントや、貯蓄計画のイメージをお持ちいただけたでしょうか?

どのような時代であろうと、マネープランに関しての考え方はそんなに大きく変わりません。

ライフプランをしっかりと持ち、基礎をしっかり押さえておけば、 後は応用するだけです。

考えるべき事柄は一人一人違うと思いますが、共通した項目を中心に、あなた がライフプランを持つことが重要だと考えます。
 
(1)自分自身の人生の目的を明確にし
(2)その目的達成のために実行計画を立て
(3)実行に向けて具体的に行動すること
 
是非ともご自分のライフプランを真剣に考えてみて下さい。きっと生きがいの ある毎日に変わっていくでしょう。

最後になりましたが、本コラムを通じて、お会いできたご縁に感謝すると共に、 つたない文章にお付き合いを賜りまして誠にありがとうございました。あなた様の発展を心よりお祈り申し上げます。

お知らせ
お知らせ
コラム
無料相談
無料相談
無料ガイドブック
無料ガイドブック
個人情報取扱
お問い合わせ
お問い合わせ 
トップページ > ゆめたまごコラム > 第5章 貯蓄計画を立てる
 
お問い合わせ 092-402-7707 メールでのお問い合わせはコチラ