ゆめたまごコラム

毎月“3万円”貯蓄額を増やす方法

 

第2回 ライフプラン


2018年11月01日

 
さて、それではこれからあなたの支出のどこに無駄があるのかということをチェックしていきましょう。

でも、ちょっと待った!

ここで忘れてはいけないのが、貯蓄計画には皆さまそれぞれに合ったライフプランが必要になってくるという点です。

具体的な支出のチェックの前に次のことを明確にしておきましょう!
将来の「夢」、そして夢に期限を付けた「目標」。それらにどれぐらい費用がかかるのかを明確にして、それに向けて貯蓄計画を立てることが大切です。
そういう目標があるから頑張ってやりくりをしたり、仕事に励んで収入を上げたりということができるのです。まずはすぐに達成できそうな目標を掲げてみましょう。(例えば、温泉旅行とか…)
 

将来の夢と目標、その費用を明確にする!

 
【STEP1】夢や目標を考える
旅行、車、趣味、マイホーム計画など実現したい夢を書き出そう!
 
【STEP2】ライフイベント(時期)を考える
夢や目標がはっきりしたら、それらをいつ実行するのか考えよう!
 
【STEP3】費用を計算する
それぞれのイベントにどれくらい費用が掛かるのか調べてみよう!
 
【STEP4】ライフプランを作る
明確になったことを14ページのライフイベント表に書き込もう!これが出来れば、10年先、20年先のお金の流れが明確に…
 
支出を減らすのも収入を上げるのも、ライフプランありきです。
ライフプランを作ることは、夢を実現させる第一歩にもなります。
 
次ページのライフイベント表を記入し、具体的に将来をイメージしてみましょう。
「ライフプラン」=「マネープラン」=「貯蓄計画」
弊社とご縁のあった方は皆さんこれを書いてもらっています。実はここが一番大事なところです。今まで一度もこういうものを作ったことがないという人は、1時間位かけてじっくりと考えてください。
 

※ライフイベント表とは
人生に起こる「政〜まつりごと〜」(イベント)を書き出すので、ライフイベント表といわれています。

  

ライフプラン(2)
ライフプラン(1)

(1)自分の年齢と家族の年齢を書き込みます。
将来増える予定の家族の年齢も書きましょう。(結婚や出産の予定など)
 
(2)夢や目標とその費用を書きます。
例えば、マイホーム取得や家族旅行、車の購入など、欲しいモノや行きたいトコ、どんどん書き出してみましょう。
 
このライフイベント表に仕事のことも入れてもいいと思います。例えば、今の仕事での目標や、独立を考えているとか…そういうこともあれば書いてみてください。
また、このライフイベント表は15年後までしか書けませんが、別の紙に30年後や50年後まで書いてみるのもいいでしょう。
 
漠然としていた自分の人生がみえてきますよ!
 
そうすることによって、10年先、20年先のお金の流れが明確になってきます。
 
目先のやりくりだけではなく、長いタームで考えていくことが大切です。
 

お知らせ
お知らせ
コラム
無料相談
無料相談
無料ガイドブック
無料ガイドブック
個人情報取扱
お問い合わせ
お問い合わせ 
お問い合わせ 092-402-7707 メールでのお問い合わせはコチラ